梅雨真っ只中!

皆様ハイサイ。作業療法士の金城です。沖縄は梅雨真っ只中で雨が続く日もあれば、カンカン照りで蒸し蒸しした日があったりと毎年のことですが南国感を存分に味わっている今日この頃!皆様はいかがお過ごしでしょうか?

沖縄では二十四節季の「小満」と「芒種」の時季にあたっており、この雨季を「スーマン(小満)ボース(芒種)」と呼んでいます。また、夏至の頃に吹く南風のことをカーチーべー(夏至南風)と呼んでいます。沖縄各地方では、この時期に、大漁祈願と海上安全を祈願しハーリー(海神祭)が開催されます。カーチーべーが吹き、ハーリー鐘が鳴ると梅雨が明けると言われています。(今年はコロナの影響で私の地元、糸満のハーレーも中止になりました。泣)

雨が降り続き気分も落ち込み気味ですが、自然の植物にとっては恵の雨♪家の畑では、南国フルーツの代表、パッションフルーツの苗がスクスクと育っております♪後ろはネギ!その後ろはアセロラの木!その隣は島トウガラシです!

島バナナも良い感じで成長中♪一般のバナナとは味も形(短い)も違い美味しいですよ!

コロナの影響で大変な時期と梅雨の時期で気分も落ち込み気味ですが、そんな時こそ少しでもまわりを見渡し、小さな変化や自然を感じるゆとりと幸せを感じてみてください。

訪問看護、リハビリについても大雨の中、利用者様の御自宅へ伺う為、時にはビショ濡れとなってしまうこともありますが、そこは傘、カッパ、タオルに加えて予備の着替え、特に靴下!を常に訪問バッグへ入れてご迷惑にならないよう配慮しながら介入することを心がけています。利用者様やご覧の皆様が梅雨にも負けず、晴々とした気持ちになれるよう誠心誠意お応えしていきたいと思います!

ヒヤミカチ!すべての人♪(「ヒヤミカチ」の意味はGoogle先生に聞いてみてください)

以上、金城でした。